広島県福山市の未来に挑戦する枝広(えだひろ)なおきのオフィシャル・ウェブサイト

鞆の浦観光鯛網が開幕しました。

2017年05月07日 15時46分 活動報告

「鞆の浦観光鯛網が開幕しました。」の画像

今年のGWはいかがでしたか?皆さん、それぞれの思いで最終日を過ごしておられることでしょう。

さて3日、瀬戸内に初夏を告げる風物詩「鞆の浦観光鯛網」が開幕しました。

式典の後、船団の指揮をとる網船に乗って出漁。


鞆の浦漁協の羽田組合長の「エット、エットー、ヨーイヤサンジャー」の掛け声の下、6隻の船が380年も続く伝統の「鯛しばり網漁法」で鯛を囲い込んでいきます。隣の組合長から次々と声が飛びます。網さばきのタイミングが乱れれば事故にもつながりかねません。

それはもう真剣勝負、すごい迫力でした。
網が引き上げられると、鱗を5月の陽光に輝かせて大きな鯛が姿を見せます。

もっと多くの市民の皆さんに、鯛網の勇壮さを知ってもらいたいです。鯛網は、今月28日まで毎日開催されます。

4、5の両日、金沢市を訪れ、「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」を視察しました。期間中、JR金沢駅前を中心に、世界から招かれたプロの演奏家もアマチュアも、そしてクラシックから伝統芸能まで、色んなジャンルの音で古都金沢がつつまれます。朝から夜まで音楽にゆったり身を委ねる贅沢。JR金沢駅前は、音楽を愛する人たちですごい賑わいでした。
いつか、福山でも、市民の手による音楽祭が開催されることを夢見ています。