広島県福山市の未来に挑戦する枝広(えだひろ)なおきのオフィシャル・ウェブサイト

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の実行委員会が開催されました。

2017年04月24日 18時20分 活動報告

「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の実行委員会が開催されました。」の画像

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の実行委員会が開催されました。第10回の節目を記念して、受賞作品の記者発表を東京で10月25日に行い、同賞を大いにアピールしたいと考えています(27日に、福山でも記者発表を行います)。


5月10日に募集から締切られた後、選考に入っていきます。また、昨年の受賞作「殺人者は手に弓を持っている」が「神の手廻しオルガン」に改題し、5月16日に光文社から発売されることが決まりました。同優秀作「さようなら、お母さん」は、既に4月12日に講談社から出版され、全国の書店で販売されています。
このように受賞作の出版が約束されているのが、同新人賞の全国にもない魅力です。
注:写真の福ミスオリジナルトートバックは、ばら祭の会場で販売されます。価格は1,500円。

 

福山ばら会のみなさんが、ばらの「栽培テキスト」を作ってくださいました。
子どもたちに、「ばらのまち福山」への愛着と誇りを持って欲しい、「100万本のばらのまち」の魅力に気付き、ローズマインド(思いやり、優しさ、助け合いの心)を育んでいけるよう、年間のばら栽培方法をわかりやすく解説したものです。
市教育委員会を通じて市内の小学校4年生に渡すことになっています。
ばら会のみなさん、素晴らしいテキストを子どもたちにプレゼントいただき、ありいがとうございました。

 
○今後の主な予定
4月25日(火)13:30~ 第67回福山市女性連絡協議会定期総会
4月25日(火)14:30~ 福山開府400年・福山城築城400年事業推進企画委員会 第2回会議